武装神姫:徒然なる愚痴

新製品の洪水で書いた事のその後。
第2弾リペイントVerそれ以外の通販関係一般売り新製品バトルロンド関係について。

第2弾リペイントVer
  • リペイント版猫型マオチャオ(まお)
  • リペイント版犬型ハウリン(凛)
    • ×買わなかった
    • 買えなかった

 8/27に、コナミ直販サイトであるコナミスタイルにて「武装神姫 マオチャオ リペイントVer.」、「武装神姫 ハウリン リペイントVer.」が発売されました。当日は丁度、研修でしたので19:00には帰宅し、コナミスタイルにログインしてスタンバインし、中々サーバにつながらない中、23:30ぐらいまでページを弄っていましたが、上手くつながらない状態のまま、見事に品切れでした(笑)

 待ち時間に灼眼のシャナが一冊読み終わりました(笑)

 敗因は色々ありますが、大きく分けて以下の4つかな?いままで、込み合うサイトで買い物なんぞしていなかったため、セオリーが分かっていなかった(笑)。
  • 2つとも買おうとしたため、カートに入れるまでに時間がかかった(対策:狙いは絞って、一つずつ確実に)
  • クレジットカード利用を試みたので、クレジットカード認証処理が必要となった。(対策:代引き利用)
  • ブラウザが真っ白に固まった時にリロードした(対策:処理中の可能性があり、待つのが吉)
  • ボタン画像やスペーサ画像の読み込みなどに時間がかかった(対策:画像表示を切りにしておき、ソースから押すべきボタン位置を識別する)
まぁ、また今回のような機会があるかは分かりませんが、機会があれば上記を心に留めておこう。

 この件について、流石に苦情が集中したのか、お詫びの表示が(笑)
■お詫び(武装神姫 リペイントVer 2タイトルの販売について)■
日頃のご愛顧、誠にありがとうございます。
昨日、販売開始させていただきました「武装神姫 マオチャオ リペイントVer.」、「武装神姫 ハウリン リペイントVer.」
につきまして、弊社の予想を上回るご注文をいただき、サイトにアクセスしにくくなる状況になったことを深くお詫び申し上げます。
今後の対応につきましては、社内で検討を行っておりますので、確定次第ご連絡させていただきます。
何卒、よろしくお願い申し上げます。
http://www.konamistyle.jp/sp/mms/info.html
(urlがこのお詫び専用でないと思われるため、メモのために全文転載。urlは併記)

それ以外の通販関係
  • バトロン風クレードル(一定数以上の注文で生産決定)
  • リペイント版サンタ型ツガル(青バージョン)
  • リペイント版鳥型エウクランテ(黒バージョン)
  • リペイント版魚型イーアネイラ(黒バージョン)
    • 凛、まお騒ぎで興が削がれたので、様子見。凛、まおが受注生産になったら勢いで注文するかもしれん


一般売り新製品
  • 寅型
  • 丑型
  • 建機型
    • 凛、まお騒ぎで興が削がれたので、様子見。店舗で見かけて、現金に余裕があれば買うかも。いや、白子の新アーマーとして買ってしまうか…


バトルロンド関係
  • 白子(Lv124) 遠距離SP型 メンテ後の遠距離戦検証用にオフィシャルを遠慮中
  • 犬子(Lv104) 近接強打型 メンテ後の近接戦検証用にオフィシャルを遠慮中
  • 忍子(Lv0) 中距離SP型だった。2週目のスタイルは模索中。 あの 後、結局A ClassからEx classに行った(笑)。その後、100戦を経て、リストア
  • 黒白子(Lv150) 無敗でBに行った後、トレーニング過多でLv制限に抵触し、Ex classに行く。悪いマスターに当たったね。マスターがSP型の戦いを強いるがSP不足で伸び悩み、戦術の試行錯誤中。近接強打型から遠距離強打型に移行しつつある。

牛柄、買収される

 社会人になって初のPCはGateway solo9300であり、彼が古豪としていまだ健在な我が家としては寂寥の感に堪えないニュースです。
ゲートウェイ買収--牛模様の箱とブランドの新たな道のり
台湾のPCメーカーであるAcerが米国時間8月27日にGateway買収に同意したというニュースは、それほどショッキングなものではなかった。というのも、少なからぬ人数の事情通が、Gatewayの買収は数年越しの懸案になっていると述べてきたからだ。しかし、買収額が7億1000万ドルとは、Gatewayが1997年にはCompaqから70億ドルで買収提案を受けていたことを思い起こせば、なんという転落ぶりだろう。ちなみに、Compaqは後にHewlett-Packard(HP)に買収されている。
 実に7年前のPCですが、音楽再生などでは十分に現用に耐えます。
 それにしても、買収金額が70億ドル(1ドル=115円で約8,000億円)が7.1億ドル(同レートで約820億円)とは…盛者必衰の理とは言え、惨い(笑)

 しかし、ブログを放置して2週間が経っていました。
今回に限れば、ゲームをしていたわけでも、仕事で忙殺されていたわけでも、RPGのシステムを書いていた訳でも無いので、ただ気力・体力不足で動けなかっただけです。

 振り返ると、結構、読書に時間を当てていました。しかも、ライトノベルに
  • 灼眼のシャナ4冊
  • 断章のグリム3冊
  • 風のスティグマRPG(とリプレイ)
  • 航空機年鑑
  • アジアンフリート
正確には、風のスティグマRPGを読んだ後、気になることがあり、ライトノベルを手に取ったわけだが。
 アジアンフリート->航空機年鑑も同じ流れです。中国の軍用航空機に関する本は初めて読んだ(笑)

武装神姫:新製品の洪水

 家を空け、四日ぶりにBattle rondoを起動しました。
四日ぶりの娘らに、悉く「あ…」とか「え…」とか、極めて簿妙な反応をされ、軽く凹みました。
はっはっは、所詮ゲーム。この程度の精神打撃、別に何とも無いさ…
…嘘です。思ったより、強力な精神攻撃だねぇ、これ(笑

 やはり、暫く放置しても文句を言わない「鋼鉄の塊」同士のバトルロンドの方が良い(笑)

 とは言え、拾った犬は、同義的および感情的要因から途中で捨てられないように、バトロンの神姫たちもサービス終了までは世話をするとしよう。

 閑話休題。

 久しぶりに武装神姫の公式サイトその他で情報を集めると…

・バトロン風クレードル(一定数以上の注文で生産決定)
・リペイント版猫型マオチャオ(まお)
・リペイント版犬型ハウリン(凛)
・リペイント版サンタ型ツガル(青バージョン)
・リペイント版鳥型エウクランテ(黒バージョン)
・リペイント版魚型イーアネイラ(黒バージョン)

 ちょっとまて、軽く20K円は飛ぶぞ、これじゃ(笑
全部買うと、現在17機の神姫が、12月までに23機になる(上の5機+新製品6機)。
流石に棚に入りきれないので、少し考えよう。
やはり電子データは場所をとらず、飽きたら消すだけなので良いなぁ(笑

弩級ノートの発表

 当方は、今年になってから、デスクトップPCを購入しました。
向こう5年は引越ししないだろうと言う読みと、価格的に5年あれば減価償却できるだろうと言う考えでしたが、こういう選択もあったのだなと少し心惹かれました。
このノートPCはバケモノかっ!?――TWOTOP「VIP Note LX」
 VIP Note-LX E6624/DRV/795SLI-CVは、同社がコアゲーマー向けに用意したハイスペックノートPCだ。17インチワイド液晶を搭載したボディは、厚さが最大60ミリ、重量が約5.4キロと、ノートPCの中でもかなり大きい。そしてこのボディには、いわゆるハイエンドノートPCの枠を超えた高性能パーツが詰め込まれている。
重量5Kgオーバー、厚さ最大60mmとは大きすぎでしょう(笑
もはやノートPCと呼んで許されるレベルを遥かに超越していると思います。
 4基ものファンを内蔵するだけに動作中のファンノイズが気になるところだ。吸気口は底面、排気口は背面と右側奥と、いずれも風切り音が直接耳に届かない位置に設けられるが、ゲームを起動すると特に背面のグラフィックスチップ冷却ファンの排気口からは大きなファンノイズが聞こえてきた。
ちなみに、重量1Kg以下、厚さ1cm以下の当方のモバイルPCはファンレス、新調したデスクトップPCですら2基のファンであるにもかかわらず、ノートPCにして4基のファンを備える、まさにドレッドノート級のノートPCと呼ぶに相応しい威容を誇るわけですな。
 これはこれで、素晴らしいPCだと思います。しかし、買うか、と言われると、Noかな。
流石に現在使用中のPCと比べれば、体積と重さ以外は全て若干劣りながらお値段は倍額と言うのはキツいですね(笑

量産型ヒューマノイドロボット

世界最小ヒューマノイドは“巨大ロボ”の夢を見るか?
タカラトミーの「Omnibot17μ i-SOBOT」は、ギネスブックに認められた「世界最小の量産型ヒューマノイドロボット」だ。しかし、その名誉とは裏腹に、実は“巨大ロボ”に憧れているらしい。
量産型ヒューマノイドロボットと言うフレーズに心惹かれるのは私だけでは無いでしょう。こんなものが市販されるとは、ROBO-ONEも高度化するわけです。
たとえば「巨大ロボ」を選択すると、ずしーん、ずしーんと重量感のある足音を(スピーカーで)たてながら重々しく歩き出す。そして、爆発音やら、昔懐かしいレーザー光線のような音まで聞こえてきた。全高165ミリメートルのくせに、音と態度は鉄人並みだ。
完全なコメディートイのようですが、動歩行なんでしょうかね?流石に静歩行だとは思いますが…最近のおもちゃは侮れませんから恐ろしい(笑
 次に「盆踊り」をプレイ。すると、「東京音頭」っぽい曲に合わせてi-SOBOTが踊り出した。でも、音程も動きもナニか違う。似ているけど、やっぱり違う。これではJA○RACもお金をとれないだろう。
どちらかと言うと、プログラムドロボットのようですね。武装神姫のせいで、AIロボへの愛着が高まっているいまの私には若干のマイナスポイントかな。学習して動きが変化するのが楽しいと感じる今日この頃です。
あまりネタばらしをしてもいけないのでこれくらいにしておくが、i-SOBOTはとにかく魅せてくれるロボットだ。ただ、声は若い男性のものなのに、巨大ロボのイメージといい、ジーパン刑事の殉職シーンといい、ネタとしては40歳代か、それ以上のもの。これを一般の御家庭で披露したら、子ども達よりお父さんが楽しむ事態に陥ってしまうだろう。
間違いない。
お値段が3万円オーバーなので気軽には買えませんが、面白そうですね。

googleの広告改善:タスクベースweb広告

 一時期、googleのアフェリエイトをやっていたんですが、やめました。
 なぜかといえば折角、広告がないページを借りて、自分が広告を入れて読みづらくしてどうするんだ、と言う素朴な自己突込みゆえです。
 アフェリエイトを止めた時に、Amazonのアソシエイトも止めたんですが、本の紹介などをやると、残しても良かったかなと、少し後悔があります(笑)
 ただし、見栄えの好き嫌いはあっても、この手の技術に興味があるのは事実。
グーグル製品管理担当バイスプレジデント、広告戦略を語る
Googleはこの数週間、1セッションにおける複数検索に基づいたターゲット別広告について、その方法をテスト中であるという。
 これは面白いですね。
行動分析型ターゲット広告の簡単な形式とみなすことのできるものである。Wojcicki氏は、例えば「イタリアのバケーション」や「天気」を検索した人には、イタリアの天気に関連する広告を提供することができると述べた。
 成る程。
 連続して行った検索履歴を文脈的に判断して処理する方法ですね。
 これはちょっといいかもしれません。
 同氏は、行動分析型ターゲット広告とは異なり、データが保存されたり記憶されたりすることはないとすぐに付け加えた。行動分析型ターゲット広告とは、ユーザーのオンライン活動に基づいた広告を提供するもので、ライバル企業であるYahooやMicrosoftが実験しているものである。同氏は、「われわれはユーザーのプライバシーを大切にしたいと考えており、現時点ではタスクベースの情報が、ユーザーの検索活動に最も関連性が高いと信じている」と述べた。「2週間前に自動車を購入したいと思って、実際に購入した人は、今日になっても自動車の広告を見たいとは思わないだろう」
 最近は、どうにもちょっと元気の無く見えてしまうgoogleですが、YahooやらMicrosoftに対抗すべく頑張っていますね。
 興味があるのでのでメモしておきます。
Calendar
<< August 2007 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
latest_entries
categories
archives
recent comments
recent trackbacks
profile
基本写真
others