キーワード検索を超える検索技術

キーワード検索を超えるオープンソース検索技術
検索エンジンが「ユーザーのその日の気分」を知る方法

気になるがまだ読めていない。後で読む。

民間企業の平均給与、8年連続で減少

 憶えておきたいニュース。
新聞社は直ぐ記事を消すのでクリップ。

もとデータは、「民間給与実態統計調査(注:pdfファイル)」かな?
民間企業の平均給与436万円、8年連続で減少
 民間企業に勤める人が2005年の1年間に得た平均給与は436万8000円で、前年を2万円(0・5%)下回り、8年連続で減少したことが28日、国税庁の民間給与実態統計調査で分かった。

 平均給与が300万円以下の人の割合は4年前から3・2ポイント増え、給与所得者間の“格差”がじわり広がっている。

 昨年1年間を通じて民間企業に勤めたサラリーマンやOLなどの給与所得者は、前年比41万人(0・9%)増の4494万人。給与総額は前年比8669億円(0・4%)増の196兆2779億円で、給与所得者数は4年ぶり、給与総額は8年ぶりにそれぞれ増加に転じた。

 景気回復により雇用は改善されたものの、雇用形態が正社員からパートやアルバイトに移行し、平均給与が減少したとみられる。

 また、給与所得者のうち、300万円以下は1692万人(37・6%)で、01年から3・2ポイント増加。100万円以下も356万人(7・9%)おり、低所得者の割合が高くなっている。

 一方、源泉徴収による所得税額は、前年比1642億円(1・9%)増の8兆9630億円で、2年連続で増加した。これは、05年分の所得税から老年者控除(50万円)が廃止されたことが要因とみられる。

(2006年9月28日19時34分 読売新聞)

異次元の快適さで昼寝タイムを満喫せよ


3分LifeHacking:机にうつぶせで快適に寝る方法
そうなると、厚手でかつ生地がきめ細やかなタオルを、合計2枚用意するのがベターという結論になるのだが、もっと手軽に専用の商品を使う方法もある。腕に通す携帯手枕「PINO」という製品を利用すれば、上記の1と3に関する問題が一気に解決できる。表面はなめらかな人工皮革、腕を通す部分は低反発素材が使われているので、腕や顔に跡を残すことなく、異次元の快適さで昼寝タイムを満喫できる。

 さすがにヨダレを防止する機能はついていないが、外側のカバー、内側のクッションともに洗濯が可能なので、そうした意味での対策はバッチリだ。


是非欲しい。睡眠不足に苦しむ現在の私には必須の機材のように感じます。

中国発ソックリさん

「MS Officeにそっくり」が売り 中国から4980円のオフィスソフト

 「最初から似せようとしたのではないが、ここまで進んだ独占を打破するには互換路線しかない。MSの攻勢でシェアが激減した上での苦渋の策。独自機能を付けたところでMS Officeとの“違い”としか見てもらえず、ユーザーにとっても不便」――広沢社長は“Officeそっくり”にするしかなかった背景をこう説明する。特許や著作権については、弁理士に相談し、問題ないことを確認済みという。


 発想としては詰まらんが、作戦としてはありだと思う。
個人的にはOpen Office推進派で、より正確には「テキスト(+画像)でいいじゃん」派なので、様子見。
ようは、html最高!派なのかもしれない。
より正確には元データはXMLで作成、フォーマットはアプリケーション任せ、配置までが重要ならば画像で配布、が理想だと思っています。(極めて技術者思考)

 pptは誤魔化しが効き過ぎて、自分が腐っていくのが判るので怖いです。
テキストで説明文を作り、そこに図を載せ、pptは説明用に抜粋のみにしています。

松本零士さんは創作物の権利が死後50年では短すぎ、と主張

 一文を見て、全文を批判するのは良くないが、流石に失望したので、クリップ。

「著作権保護期間の延長を」――権利者団体が要望書 ネット時代も意識

※公平を期すため、なるべく上記記事の全文を読んでください。

漫画家の松本零士さんは「著作者が生涯をかけて作ったものの権利が、50年で打ち切られるのは耐え難い。漫画やアニメは世界共通の文化のはずなのに、権利保護だけは年限の違い、という怪奇現象が起きている」と強い調子で語った。


 …がっかりだ。「孫の代まで利権で食える」事がメリットになる可能性は低い。むしろ、子や孫が新しい物をを生み出そうと言う気迫を削がれるデメリットの方が大きいと思う。

 「日本の作家は20年分の権利をはく奪されており、創作意欲の減退につながる。海外の著作者からは『なんで日本は保護期間が短いんだ』と言われ、日本は著作物を大切にしない国だと思われてしまう」――協議会議長で、日本文芸家協会の三田誠広氏はこう訴える。


 本当に、死後50年と死後70年の差20年で、創作意欲が左右されるか、聞いてみたい。
趣味のレベルなら間違いなく関係あるまい。プロの意識を是非聞きたい。
それよりも、パブリックドメイン化(自由に発想の原点として利用できる下敷きになる事)の方が、後世の才能ある人物にとってはメリットがあることは間違いない。

 もっとも、作者が、「才能ある自分に比べて才能に劣る自分たちの子供が、その世代の才能ある者に蹴散らされるのがムカつくので今、自分達が有利なうちに法律で規制したい」なら、正直にそういえば言い。

いかん、最近政治的な愚痴か馬鹿ネタばかりだ。

米下院の策動

 放っておくと良くない結果を招く内容なので備忘の為、記述。
大東亜戦争で日本に国際法無視の無法を働き、その伝統と文化を破壊しきろうと努力を重ねてきたアメリカ様ですが、親王誕生でなりふり構わなくなくなってきた模様。


米下院委、「慰安婦」で対日決議採択 責任認知など要求

 
決議は民主党のエバンス下院議員らが提出し、表現を一部修正のうえ採択された。慰安婦については「若い女性を性的苦役に就かせる目的で誘拐した」などと認定している。


正気…?(苦笑
真に受ける前に、こちらを読んでおいてください。
従軍慰安婦の偽証ー黄錦周の証言

それ以前に「日本人「従軍」慰安婦の被害が全く言われない」のはなぜかを考えて欲しいですね。

日本大学教授秦郁彦の研究調査では、総数は2万人程度。内訳は日本国内の遊郭などから応募した者が40%程度。現地で応募した者が30%。朝鮮人が20%、中国人が10%程度とされている。



米下院委員長、「遊就館」の展示内容見直し求める

米下院委員長「遊就館、修正すべき」 同盟の意義は強調

日本軍と戦った経歴を持つハイド委員長は、遊就館について、「第二次大戦が西洋の帝国主義からアジア太平洋を解放するため始まったと、若い世代に教えることに困惑する。日本に支配されたアジアの人々は、日本を解放者とみていない」と、修正を求めた。


米下院委、「慰安婦」で対日決議採択 責任認知など要求

これらは、早めに反駁しておかないと後々大きなガンになる。
(この問題を掘り出せば、日本はアメリカの国際法無視の民間人無差別爆撃やら、民間人や脱出者への機銃掃射による虐殺問題に触れざるえなくなり、日米関係はギクシャクする可能性が高い)

阿部さんは嫌いではないが、彼は「アメリカ様絶対服従病」の末期患者のようなので、無理強いはするまい。

此処は我らオタクの期待の星、ローゼン麻生閣下に頑張っていただきたいところです。

冗談です。

2輪走行ロボ

 そういえば、日立もロボットを作っていましたね。
EMIEW君です。
ワカマルと言い、やはり実用を考えると、まだ足よりタイヤ優勢のようですね。

 閑話休題

 EMIEW君に新機能。
混雑した中でもぶつからずに、自然に歩けます(タイヤで、ですが)
動物が自然に出来ていることも、機械には中々難しい。
ともあれ、人のいる空間でロボットが動くには必須の機能の一つです。
この調子で是非、ロボットによる人間の介護をすすめて欲しいものです。

…私が老衰で必要になる頃には、良いロボットが出来ている事を望みます!

輪ゴムチェインガン

 UMLインターメディエイト資格試験合格記念にアホネタを一つ。

 ヲタクはチェーンガンが好きだと思う。
少なくとも私は大好きです。

レゴで輪ゴムチェインガン

 故に、こんなネタも大好き。

8バレル×64+連装にフルオート秒間11連射と何かものすごく間違った高性能。うなりをあげてターゲットを薙ぎ倒す動画は必見です。


 コメントも奮っています。

レゴが軍需物資として輸出規制にかからないことを祈ります。


 ならない、ならない(^^;。

天皇制…非常時の保険…があと60年伸びた

 どうも、モバイル庭園は、モバイルする意味をあまり感じない品物の筆頭のような気がします。
 自分が使用すると、コジマンリした庭が自分の貧乏臭さを嫌がおうにも増幅するかもしれません。

 閑話休題

 昨日、秋篠宮妃紀子(39)が皇位継承権3位となる男子を産みました。
此処は一つ、天皇制の無駄について一発ぶって知的エリートで世の中に流されないところを見せるの男の行き方である気もしますが、私の知人たちが幸せに生きる可能性を上げる上で天皇制は有益であるので、喜ぶことにしています。

 はっきり言えば、平和な時代の天皇陛下は「いらない子」です。
彼らは日本国民の平安を祈り、その祭器である三種の神器を護る事が仕事です。
つまらなそうな仕事ですが、実際、つまらないと思います。
なんで、そんなつまらない事をさせておくかと言えば、天皇陛下は「非常時の保険」だから保持はしておきたいが、重要な事をやらせていざと言う時に、「非常時の保険」として使えないとまずから、つまらない仕事をさせるのです。

 「非常時の保険」とは日本が混乱した際に、日本をまとめる為の「旗」であると言うことです。

 混乱に陥った人間が一つの目的のために動くことは非常に難しいです。有能な人間がいても、有能な人間同士で反目しやすく、混乱に陥ったところで、さらに小集団に分裂しては、外国に言いように攻められてしまいます。

 アメリカやイギリスと言った、征服に長けたアングロサクソンはこの技術に非常に長けており、侵略目標に定めた国家を2つに分裂させ、内部で潰し合わせて、弱ったところを乗っ取る分けです。
 イラクでもシーア派とスンニ派がいいように踊っています。
大東亜戦争時もアメリカは中国を国民党と共産党に分けて戦わせていました。
(アメリカがハワイ、フィリピン、日本を征服したのは、中国という広い土地を得るための道すがらに過ぎないと考えられています。日本が凄い勢いで反撃してくるとは予想していなかったようです…)
 各個撃破は戦いの基本です。

 イラクも中国も、中心になるものがありませんでした。
実は日本も、薩摩長州側と幕府側に分かれて潰し合いをする直前でした。
そこで役に立ったのが、「日本人の共通の祭司」たる天皇です。
当時の人は、「とりあえず気に食わない相手でも、天皇の下に付くんだから、しょうがない、自分も天皇の下で動いてやるか」という程度の認識ではあろうと思いますが、ともあれ、力を一つにまとめる事が出来ました。

 ところで、「日本人の共通の祭司」って何だ?
と思う人が多いでしょう。
これは、沖縄から来たか、北海道から来たか、中国から来たか、朝鮮からきたかは判らんが、最初に日本の真ん中あたりを征服してた人間を日本人の祖とした場合において、その人を父系の先祖に持つ人である事を表しています。
日本の考え方では、国民は、この最初の征服者の子供であり、かつその人を「氏神(死んだ事によってなった神様…というより霊的存在。放っておくとと拗ねて祟ったり、煽てるとササヤかな良い事がおきたりするかもしれない。割と無力)」として持ちます。
 その氏神を祭っているのが天皇さんの家な訳です。
 別に偉い訳でも凄い訳でもないです。
オレ達の共通の先祖を祭っている祭司の一族だってだけです。
ただ、「まぁ、先祖は同じだし、協力すっか」ッと言うときは割と良い象徴であるってだけです。

 10〜30年後、おそらく中国は台湾に軍事侵攻をする可能性が高いです。
その際に日本が巻き込まれる可能性は非常に高いです。
そこで起きるであろう混乱の時に「日本人の共通の祭司」は、日本人の方向性をまとめる為の良い「旗」になるでしょう。
 これがないと、他の国…例えば、中国に侵略、占領され、大虐殺を受け、苛烈な支配を受けているチベット…のように、日本も多大な被害を受けると思います。
そうなった場合、自分の知人たちもただではすまないでしょうし、生活もめちゃくちゃになるでしょう。
知人たちの生活をまもる、役に立つ旗をまもる為ならば、命を懸けても悪くはないです。
国外に逃げる?知人全てと自分の生活基盤をつれて?
まぁ、はっきり言って無理です。
自分だけなら逃げられるかもしれませんが、妻も子供も親も友も置いて逃げ出した逃亡者を、そもそもどこの国が受け入れてくれるでしょうか?

 そうならないための「非常時の保険」が天皇であり、それを維持する絶好の人物が、昨日生まれた訳です。

 だから、「目出度い」と考えて良いと思っています。
この考えは、左翼的でしょうか、右翼的でしょうか?
判断は付かないです。
一つ判るのは利己主義的だということでしょうかね。

沖縄・戦後情報統制に関する自分用まとめ

 今更感も漂いますが、自分用にメモ。

渡嘉敷島の集団自決 「大尉は自ら十字架背負った」[Sankei Web]

「軍命令は創作」初証言 渡嘉敷島集団自決 元琉球政府の照屋昇雄さん[iza]

 産経以外は華麗にスルー。
他は、「嘘だ」とも「真実だ」とも言わない。
それが、真偽の程を端的に表している気がする。

 ところで、どうも別に新鮮味の無い話題のような気がし、記憶をあさってみました。

渡嘉敷島・集団自決命令


先の大戦末期の沖縄戦で日本軍の命令で住民が集団自決を強いられたとする出版物の記述は誤りで、名誉を棄損されたとして、当時の守備隊長と遺族が著者でノーベル賞作家の大江健三郎氏と岩波書店を相手取り、損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こすことが二十三日分かった。
 訴えを起こすのは、沖縄戦で座間味島を守備した陸軍海上挺進隊第一戦隊長を務めた梅沢裕・元少佐(88)と、渡嘉敷島を守備した同第三戦隊長だった故赤松嘉次・元大尉の弟、赤松秀一氏(72)。
 訴えられるのは、『沖縄ノート』(岩波新書)の著者の大江氏と、他にも故家永三郎氏の『太平洋戦争』(岩波現代文庫)、故中野好夫氏らの『沖縄問題20年』(岩波新書)などを出している岩波書店。
 訴状などによると、米軍が沖縄の渡嘉敷島と座間味島に上陸した昭和二十年三月下旬、両島で起きた住民の集団自決について、大江氏らは、これらの島に駐屯していた旧日本軍の守備隊長の命令によるものだったと著書に書いているが、そのような軍命令はなく、守備隊長らの名誉を損ねたとしている。


 これだ。
それと、これも。

疑問を抱いた作家の曽野綾子さんは渡嘉敷島の集団自決を取材し『ある神話の風景』(昭和四十八年、文芸春秋)を出版。座間味島の集団自決についても、生存者の女性が「軍命令による自決なら遺族が遺族年金を受け取れると島の長老に説得され、偽証をした」と話したことを娘の宮城晴美さんが『母の遺したもの』(平成十三年、高文研)で明らかにした。


 昭和四十八年。1973年。今から33年前ですね…私の生まれる前だ(苦笑
この時点から、この類の話題は出ていたのに、戦時沖縄に関する世論の変動は、なし。

 まぁ、我々の上の世代はアメリカにしっかり洗脳されきっていたのでしかたないでしょう。
WGIP(ウォーギルドインフォメーションプログラム)[wikipedia GHQの情報統制の項を参照(細かい説明はまた消されてる)]、戦後の検閲も知りませんし、知ろうともしない人が多いですからね。(含む、私の家族)

GHQの検閲
日本が降伏にあたって受諾したポツダム宣言には「言論、宗教、思想の自由、そして基本的人権が確立されねばならない」とあるにもかかわらず、連合国軍総司令部(GHQ)のマッカーサー総司令官は1945年9月10日、「報道・思想の自由に関する指令」を発し、新聞、ラジオ、雑誌、映画などすべてのメディアの検閲に乗り出した。GHQは、「大東亜戦争」という表記や東京裁判批判、西欧による植民地支配の歴史記述などを厳しく削除、または掲載・発行禁止処分を行い、日本独自の歴史認識や戦争観は抹殺された。また、発行停止を恐れたメディア側の自粛・自己規制はGHQ政策の礼賛記事へとつながった。A級戦犯容疑者とされて獄中生活を送った岸信介元首相は46年11月14日、インドのパール判事による被告人全員無罪の意見書に、ほとんどの新聞が触れていないことについて「之れは各新聞社の卑屈か非国民的意図に出づるものである」と日記に記している。



GHQによる検閲指針(削除または掲載発行禁止の対象となるもの)は以下の通り(抜粋)
(1)連合国最高指令官に対する批判
(2)極東軍事裁判批判
(3)連合国最高指令官が憲法を起草したことに対する批判
(4)検閲制度への言及
(5〜11)合衆国、ソ連、英国、朝鮮、中国、その他連合国側に対する批判
(12)満州における日本人取り扱いについての批判
(13)連合国の戦前の政策に対する批判
(16)戦争擁護の宣伝
(17)神国日本の宣伝
(18)軍国主義の宣伝
(19)ナショナリズムの宣伝
(20)大東亜共栄圏の宣伝
(22)戦争犯罪人の正当化および擁護
(23)占領軍兵士と日本女性との交渉
(24)闇市の状況
(25)占領軍 軍隊に対する批判
(29)連合国最高指令官または地方軍政部に対する不適当な言及
(30)解放されていない報道の公表


 我々の世代で何とかし、後の世代の禍根を断たないと、他国との競争を、手足を縛られた状態で行う事を余儀なくされ、不幸と貧困が後の世代を襲うことになりますからね。
それは、流石に人として恥ずかしいものです。
Calendar
<< September 2006 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
latest_entries
categories
archives
recent comments
recent trackbacks
profile
基本写真
others