音声関係2製品

 奇しくも興味を持った音声合成関係の記事が2件あったので、メモ。

 記事によると、Vocaloid2のSaaS提供はKDDIの携帯電話向けとの事。…需要あるのか?w
ヤマハは2009年4月7日、歌声合成ソフト「初音ミク」などのエンジンである「VOCALOID」をSaaS化すると発表した。同エンジンを使ったサービスの第1弾として、クリプトン・フューチャー・メディアがKDDIの携帯電話向けに「初音ミク」をベースにした「ミクと歌おう」を、インターネットが「がくっぽいど」をベースにした「ケータイがくっぽいど」を提供する。サービス開始は4月9日。料金は9日に発表する予定。 (略) ヤマハはNetVOCALOIDを核にしたネット事業で初年度1億円、3年後には10億円の売り上げを目指す。今後、KDDI以外の携帯電話やパソコン、ゲーム機向けの提供も計画している。
もっとも、PCなど向けも予定しているようなので、期待しています。1,000程度でお試しなど、悪くはないかな〜と。

 一方、NECの文章から感情を判断・考慮して読み上げるツールは、アクセシビリティ向上に役立つのでしょう。決して、「ローゼン」真紅が思い通りにしゃべります NECの音声合成実験サイトのフィードバックではないのでしょう。「ジャンク」とか「しもべ」などが妙に流暢だったら笑います。
 将来的には武装神姫などのギャルゲーへの適用も期待します。ときめきメモリアルでEmotional Voice Systemを適用した夢見がちなKONAMIならばきっとやってくれると信じています…あからさまにオタク業界から足を洗いたがっているように思われる会社ではありますが、オタクの購買力を無視は出来まい。

comments

comment form

trackback url

http://ezman.jpn.org/sb.cgi/408

trackback

Calendar
latest_entries
categories
archives
recent comments
recent trackbacks
profile
基本写真
others